〈 信仰生活のあかし 〉

< 聖句・祈り・目標 >

 だから、わたしたちは落胆しません。たとえわたしたちの「外なる人」は衰えていくとしても、わたしたちの「内なる人」は日々新たにされていきます。
 わたしたちの一時の艱難は、比べものにならないほど重みのある永遠の栄光をもたらしてくれます。わたしたちは見えるものではなく、見えないものに目を注ぎます。見えるものは過ぎ去りますが、見えないものは永遠に存続するからです。
コリントの信徒への手紙二 4:16〜18)

 年齢を重ねる毎に肉体の弱さを感じるようになりますが、主と共に生きることにより、永遠の生命の希望が約束されていることを確信して生活できることを感謝します。
奥川和代(松阪ルーテル教会「めぐみチャペル」会員)

《 バックナンバー 》
Copyright (C) 2004 Matsusaka Lutheran Church, All Rights Reserved.