〈 信仰生活のあかし 〉

< 聖句・祈り・目標 >

 キリストは、神の身分でありながら、神と等しい者であることに固執しようとは思わず、かえって自分を無にして、僕の身分になり、人間と同じ者になられました。人間の姿で現れ、へりくだって、死に至るまで、それも十字架の死に至るまで従順でした。
(フィリピの信徒への手紙2:6〜8)
 人間の教訓としてはとても難しいですが、主がそうされたようにという信仰で、主が死に至るまで従順だったという事実を胸に目標をもって人々と分かち合い、励まされ、日々を送りたいと思います。
安福ふみえ(松阪ルーテル教会「めぐみチャペル」オルガン奏者)

《 バックナンバー 》
Copyright (C) 2004 Matsusaka Lutheran Church, All Rights Reserved.