〈 信仰生活のあかし 〉
< 信仰生活のあかし >
凍った心を溶かされて
K.I姉(松阪ルーテル教会「めぐみチャペル」会員)
 私はこれまでずっと、自己中心的でわがままな人間でした。相手を思いやることよりも、自分を優先してきました。それに、何かを考える時も、自分本位にとらえて考えていたので、相手の本心に気付かず、ずい分身勝手な言動をしてしまい、多くの方に迷惑をかけてきました。ほんとうに愚かで未熟な、甘えた人生でした。
 そんな私の人生の中で、大きな変化が起こったのは、大切な人の死という重く貴重な体験でした。あまりのショックに気力を失い、凍ったようになっていた私を、神様はずっと見捨てず、ずっと見守っていてくださいました。
 なぜなら、なぜだか、あるお店に貼られていたポスターに引き込まれるように導かれ、親子対話教室や、松阪ルーテル教会に足を運ばせていただくことによって、みなさまの温情に触れることによって、私の凍った感情が、少しずつ溶けていったからです。今も、神様のお導きにより、出会えた皆様方のおかげと、心から感謝しております。本当にありがとう
ございます。

《 バックナンバー 》
Copyright (C) 2004 Matsusaka Lutheran Church, All Rights Reserved.