〈 信仰生活のあかし 〉
< 信仰生活のあかし >
今年の抱負
N.M姉

 詩編 121:1~2
 「わたしは山にむかって目をあげる。
 我が助けはどこから来るであろうか。
 わが助けは天と地とを造られた主から来る。」


 ずっと以前、ある宣教師の先生が、私達の住んでいるところを「山の上」と呼びました。
 その「山の上」の周りには、さらに山があって、目をあげると、いずこも山なのです。この詩編の作者にならって、天と地とを造られた救い主を思います。

 主の御手の内にある事を感謝して、安んじて一日一日を過ごしたいと思います。
 又、苦しみや、悲しみの中にいる人のために自分に出来る事を祈り求めて、少しでもお役に立てたら、と願っています。


《 バックナンバー 》
Copyright (C) 2004 Matsusaka Lutheran Church, All Rights Reserved.