〈聖書からのお話し〉
 
「勇気を出しなさい」

牧師 栗 﨑 学
 

 「これらのことを話したのは、あなたがたがわたしによって平和を得るためである。あなたがたには世で苦難がある。しかし、勇気を出しなさい。わたしは既に世に勝っている。」
          (新約聖書・ヨハネによる福音書16:33)


 「神様がおられるなら、なぜ世界から戦争が無くならないのでしょうか?」そのような質問を受けることがあります。誰もが戦争の無い平和な世界を願っています。しかし、それにもかかわらず争いは起こってしまう。ですから、この質問の背後には、神様が全知全能であるならば、戦争を無くすべきであるという、神様への不満があるのかもしれません。

 しかし、そのような質問を受ける時に、私は逆にこうたずねます。「どうして私達人間は愛する人ともケンカをしてしまうのでしょうか?神様のせいでしょうか?」戦争という大きな争いも、夫婦喧嘩という小さな争いも、もとは私達人間の罪から来るものです。罪は自らの悪を認めようとせず、かえって自分を正当化し、相手を責めようとするのです。このような罪が、この世界にも、私達の周りにも、そして私達自身の内にも蔓延し、様々な問題や争いが生じているのです。

 イエス様は私達が平和を得ることを望んでおられます。しかし同時に、「あなたがたには世で苦難がある」という現実も指摘しておられます。ここに、「私達の考える平和」と「イエス様の考える平和」との間に若干のズレがあることを感じます。「私達の考える平和」とは、問題や苦難が無くなることを考えるのではないでしょうか。しかし「イエス様の考える平和」とは、たとえ苦難があっても平和を得ることを語っておられるわけです。それはつまり苦難を超越した平和であり、そのような平和を約束しておられるのです。

 なぜそのような約束が可能なのでしょうか。その根拠は、「わたしは既に世に勝っている」という、イエス様の勝利宣言です。このイエス様が私と共にいてくださる。「だから大丈夫だよ」と語ってくださるのです。

 この世に罪がある限り、争いや苦難が無くなることはありません。しかし、イエス様はその原因である罪に勝利されました。イエス様を信じる者は、すべての罪から解放されて、永遠の命が与えられます。だから、今は苦難があっても、永遠の命という平和が約束されているのです。

 「神様がおられるなら、なぜ争いが無くならないのか。」それは罪が原因です。しかし神様がおられるからこそ、罪を取り除くために、驚くべき御業を成し遂げてくださったのです。

 このイエス様を、どうぞあなたの人生にお迎えしてください。



《 バックナンバー 》
Copyright (C) 2004 Matsusaka Lutheran Church, All Rights Reserved.